大正村ツーリング
2014/9/15

猿投グリーンロード枝下ICから奥矢作湖を抜けて岩村まで上がり、大正村を経て戻ってくるというコースです。
昨年企画したのですが台風で流れてしまったので、そのリベンジマッチです。
枝下をA.M.9:00にスタートして矢作川の左岸を北上します。
こちら側は、右岸に比べて舗装も少々荒く道幅も狭いのですが
信号が無く交通量も少ないのでとっても自転車向き。木陰も多いので夏は涼しそうです(^^)v
少し走った所で、(100㎞では物足りない?)南区から自走で来た強者メンバーと合流!
そのままいいペースで走り、奥矢作の自転車乗りの定番・小渡のサークルKで補給休憩です。
軽くお腹に入れ、少し休んでから奥矢作湖に向けて出発です。
程なくしてダム湖の沿岸を走る道になり、そこからは細かいコーナーとアップダウンが続きます。
クネクネと曲がっているので気が付きにくいのですが、矢作ダムまで結構登っていたんですね。
まぁ、ダムを造る位なんで当たり前なんですが、何も考えずに走っていたので意外と足にきていました。
そのまま奥矢作湖を抜けてR257に突き当たった所でトイレ休憩。ここから岩村までの登りに備えます。
軽く足を休めた後、16㎞先のお昼御飯目指し、いざ再スタート!
しばらくは斜度も緩く軽快に進みますが、徐々に勾配がキツくなって来ると思う様に足が回りません。
ダム湖で使い果たしたせいか、道の駅「ラ・フォーレ福寿の里」に着いた頃にはもうヘロヘロ。
当初はココにあるモンゴル村に寄って行こうか…とも考えていましたが、完全に忘れていました。
ここで暫く休んだ後、最後の力を振り絞って残り3㎞を登りきり、ピークを越えた後は一気に下り
そこの角を曲がったらお昼を予約してある「岩村山荘」~~
と喜んでいたら、その角の先が激坂100m…( ゚д゚ ) さすがに参りました。
さて、お待ちかねの「戦国料理」です。鶏・牛・鮎・野菜等々の野趣あふれる食材を囲炉裏で頂く
自転車乗りにピッタリのお昼です。これから先が下り基調のコースと思うと、なおさら美味しく感じます。
食後は綺麗に整備された岩村の城下町をゆっくり流し、R363に出てからは一路大正村へ。
登りもほとんど無いので、程なくして到着。しばし大正村を散策してから「大正村浪漫亭」にてコーヒータイム。
ここの入り口脇に木製の「ロードバイクスタンド」なる物があり、チョッと嬉しかったのですが
使い方が??? で、結局その前に皆で立て掛けました。(^^;
ここからは残り約35㎞。あとは明智川→矢作川と川沿いに下って行くだけ…と、気楽に構えていたら
下りは下りで、それなりにいいペース。先頭を交替しながらガンガン行きます。
一気にスタート地点の駐車場まで走り切りましたが、下りでも疲れるんですね。でも楽し~。

走行ルートはココをクリック