湖北-日本海周遊ツーリング
2011/10/10

秋の恒例になっていた琵琶湖一周ですが、
「湖北は走り易いとてもいいコースなのですが、南半分は車も多くあまり快適な道路事情ではないかな…」
という話が出ていました。「それならいっそ日本海に抜けてしまおう」という事で、
木之本→今津→小浜→敦賀→塩津→木之本というコースを企画しました。
琵琶湖から小浜へ抜ける若狭街道は斜度が緩やかなのでいいペースで走れます。
途中、熊川の宿場町でプチ観光した後は、一気に海の幸を目指して小浜の『若狭フィッシャーマンズワーフ』へ。
若狭名物の笹カレイの干物をはじめ、お造り・天婦羅…等々日本海の美味しい魚で
胃袋を満たした後は海辺の芝生でゴロリ。至福のひと時です。(このあとシッカリ登らされますが…)
日本海沿いの道は、細かいアップダウンの続くトンネルの多いコースですが、素晴らしい景観に加えて
交通量も少なく、とても走り易い道でした。そして敦賀から塩津に抜ける最後の難関に向かいます。
若狭街道とは違い登坂車線のあるような国道を「ゼーゼーハーハー」と9km程登ります。
ピークで集合・小休止した後は一気に琵琶湖まで下り、もう一山「賤ヶ岳」を越えてゴール。
走り終えた頃には辺りは真っ暗になっていました。

走行ルートはココをクリック